洋画 音楽

ビヨンセの歌唱力が光る!映画『ドリームガールズ』のネタバレと評価!

更新日:

今回は2006年に話題となった音楽映画『ドリームガールズ』のレビューをします。

この映画はパッケージからみなぎるパワーを感じますよね。

さっとキャストを見ただけでも、ビヨンセ、エディマーフィー、ダニーグローバーと日本でもお馴染みの往年の黒人スターが出揃っています。

ショービジネスの表と裏を描くエネルギッシュなミュージカル映画『ドリームガールズ』!

それでは早速レビューを行っていきます。

音量のボリュームはできる限り上げておくことをオススメします。

なお、本記事はネタバレを含んでおりますので、ご注意ください。




 

『ドリームガールズ』の良かったところ

1に歌!2に歌!3、4、5も全て歌!!!

この映画はとにかく歌うシーンが多いです。

そんじょそこらのミュージカル映画なんて比じゃありません。

ちょっとセリフを喋ったかと思ったら歌が始まり、そのまま舞台で歌うシーンに移行したかと思ったらまた歌で会話をしていたりと・・・。笑

上映時間の大半を歌で埋め尽くしています。

 

歌って・・・。

 

また歌って・・・。

 

またまた歌って・・・。

 

マジでどんだけ歌うねん!!笑

 

これぞ音楽映画!!

 

しかし、歌ってばかりではありません。

時にダンスを入れたり、歌い手を変えたり・・・。

手を替え品を替え、圧倒的な歌唱力とダンスパフォーマンスで、観る私たちも舞台の観客になった気分にさせてくれます。

最初から最後まで休むことなくボルテージマックスで映画は駆け抜けます。

 

とある勇者
これだけ歌が続くと辟易しそうだったけど、そこは観せ方をよく分かっているね!
観ていて飽きない工夫がされているのが観て取れるね!
はらちゃん

 

見よ黒人さんのエンタメパワー!!

この映画の登場人物はほとんど黒人さんです。

なんか見たことあるなぁ〜、と思ったらエディ・マーフィが出演していたり、映画の設定では歌い手ではないキャラクター達もハメを外したかのように様々なパフォーマンスを見せてくれます。

ときに白人勢力に押されたり嘲笑されることもあるのですが、この映画の中ではそんな現実の歴史を忘れさせてくれるくらい、黒人さん達のエンターテイメント精神が爆発しています。

 

とある勇者
彼女達の歌唱力とステージングには圧巻だね!
私たちも思わず踊り出してしまいそうです。
はらちゃん

 

やっぱり美しいビヨンセ

この映画は美男美女揃いでまさしくショービジネスにもってこいな雰囲気ではありますが、その中でも一際魅力を放っているのがビヨンセ!

映画冒頭では、まだ町娘という雰囲気の落ち着いた少女をうまく演じており、彼女が次第にスターになるにつれ、そのオーラや立ち振る舞いがガラリと変わっていく様が魅力的です。

 

トップスターの仲間入りを果たし、単独での仕事が増えるようになった彼女は、まさしくビヨンセそのもの!

 

とある勇者
歌唱力だけでなく、目の使い方やステージでの立ち振る舞いも素晴らしいね!
全てにおいて場慣れしたビヨンセが、その魅力を余すところなく見せつけてくれるね!
はらちゃん
とある勇者
やっぱり彼女は本物のスターなんだと再認識したね。

 

三者三様のドリームガールズ

この映画の主演ってビヨンセなのでしょうか?

そう言いたくなるほどエフィ役のジェニファー・ハドソンが活躍していましたね。

 

3人揃ってのザ・ドリームズですが、彼女達の思考やスタンスは、実は最初の頃からバラバラです。

そんなバラバラな彼女達が世間に認められ、お金も手にするようになると、そのエゴはますます表立つようになり、ザ・ドリームズの存続が危うい状況にまで陥ります。

 

特に、前述したエフィは自分の方が圧倒的な歌唱力があるはずなのに、おいしい役が回ってこないということでそのフラストレーションを爆発させます。

しまいには被害妄想が膨らみ、自分の恋人を寝取られたなどと言い出し、ザ・ドリームズのリハーサルやレコーディングまでぶち壊しにしてしまいます。

 

とある勇者
実際3人とも歌が上手くてそれぞれ魅力があるので、人気が出るにつれ、やはりこういうトラブルは避けられないのかな?
現実にもありそうな泥沼感だね。
はらちゃん
とある勇者
そのスタンスの違いを興味深く観せてもらえたね。

 

現れては消えていくアイドル達

この映画のラストはザ・ドリームズの解散劇になります。

映画の中盤でこのグループから離れてしまったエフィが帰ってきて、4人でパフォーマンスをして終焉となります。

 

あれだけ人気があったアイドルグループも、身内内での嫉妬や喧嘩があり、個人個人で結婚や私生活の問題も生まれ、ソロ活動を始めたり事務所の不祥事が発覚するなど・・・。

この手の話は実際によくあることだとは思うのですが、この映画の中で改めて現れては消えていくアイドル達のリアルな姿を見た気がしました。

 

とある勇者
アイドルのリアルな厳しい現実も垣間見ることができるね。
アイドルとして活動し、さらにソロとして残っていく素材は本当に一握り中の一握りなんだね・・・。
はらちゃん

 

ショービジネスの表と裏の駆け引き

この映画はザ・ドリームズのメンバーが主役ではありますが、彼らに負けないくらいステージ裏で活躍したキャラクターもいます。

それは、カーティスを始めとする男性キャラクター達です。

彼らの駆け引きもまた、メインのキャラクターに引けを取らないくらい面白いです。

 

まだまだ白人主義が強いショービジネスの中で、自分たち黒人が成り上がっていくために裏金を工面したり、ときに偽装工作をしてみたり・・・。

きっと、当時のアメリカにおいての彼らのステータスから考えると、成功するためのプロセスは、それはそれは大変な偉業だったのだろうと感じました。

売れるための曲か、後世に残る本物の曲かどれを提供していくか苦悩する姿がリアルです。

 

1960年代のアメリカを知ることができる

サラッとではありますが、所々にこの時代ならではの時代背景が垣間見えます。

ベトナム戦争やデトロイトの暴動、ジャクソン5(らしきグループ)の活躍や黒人差別など・・・。

本当に一瞬で終わってしまうシーンばかりですが、当時のアメリカの時代背景を知ることができるのは興味深いです。

 

この映画ではそこまで深くは掘り下げられていなかったのですが、多分黒人のプロデューサーやシンガー達があそこまでエネルギッシュに活動しようとした理由、なんとか白人社会に切り込もうとした努力は、そういった時代背景から起こったのかなと予想ができます。

この映画ではそういった暗い部分の描写は一切描かず、全てを歌の力にかえて明るく表現しているところが徹底しているなと感じました。

 

『ドリームガールズ』の惜しいところ

歌はすごいけれどさすがに・・・

この映画では、これでもかと歌が繰り広げられるシーンが続きます。

しかし、どれだけ圧倒的なパフォーマンスであったとしても、これだけ繰り返し続くとさすがにキツイと感じたり、マンネリを感じる方は多いと思います。

 

歌という表現方法に徹している姿勢は良いと思うのですが、その分せっかくのキャラクターが没個性的になってしまったという風に感じました。

 

とある勇者
自分のシンガーとしての扱われ方に不満なエフィが度々怒りを爆発させるけど、観ている私達が彼女に感情移入した途端、すぐ歌になって盛り上がるというパターンの繰り返しだね。
全ての彼女達の悩みや葛藤が、単なる歌を歌うための“前フリ”で終わってしまっているのが残念だったね。
はらちゃん

 

『ドリームガールズ』はこんな人にオススメ

『ドリームガールズ』は下記のような人にオススメできる映画です。

こんな人にオススメ

  • ミュージカル映画が好きな人
  • エネルギッシュなパフォーマンスを見たい人
  • ショービジネスの世界に興味がある人
  • ビヨンセが好きな人
  • アフリカンアメリカンパワーを感じたい人
  • ソウルフルな映画を求めている人
  • とにかく大声で叫びたい人
  • 大音量で映画を楽しみたい人

この映画は、映画という枠組みを超えたミュージカルです。

まるで3D映画を観ているのかと錯覚するかのようなライブ感溢れるパフォーマンスに、大盛りあがりすること間違いなしです。

ぜひ近所迷惑にならない程度に、大音量で映画を楽しんでみるのをオススメします。

 

『ドリームガールズ』の口コミ

本物のアーティストなので、付け焼き刃の歌唱力ではないのがわかります!
はらちゃん

 

私の中でビヨンセは歌手の印象が強かったので、私もびっくりしました。
はらちゃん

 

歌ってばっかりなので、とにかく歌を楽しめます!
はらちゃん



 

『ドリームガールズ』を視聴できるVOD

『ドリームガールズ』が見放題対象となっているオススメVOD(ビデオ・オン・デマンド)は、下記の通りです。

オススメVOD

  • Amazonプライム・ビデオ
  • U-NEXT

 

Amazonプライム・ビデオ

Amazonプライム・ビデオ

Amazonプライム・ビデオは月額400円と非常に安価で、多くの映画やドラマ、アニメなどを視聴することができます。

※2019年2月時点の情報です。

また、30日のお試し無料期間が付いているので、まずは無料体験から始めてみましょう!

Amazonプライム・ビデオのお試し無料申し込みはこちら

 

U-NEXT

U-NEXT

U-NEXTの月額料金は少し高いですが、毎月1,200ポイントが付与され、さらに最新作品を他のVODよりいち早く視聴することができます。

※2019年2月時点の情報です。

こちらも、31日のお試し無料期間が付いているので、ぜひ体験してみてください。

U-NEXTのお試し無料申し込みはこちら

 

『ドリームガールズ』のまとめ

映画『ドリームガールズ』についてご紹介しました。

『ドリームガールズ』はあらゆる面で突き抜けた映画でした。

音楽やダンスパフォーマンス、キャストの面でもある種徹底していて、とにかく一方向にだけ異様に飛び抜けた映画という印象です。

なので好き嫌いも分かれるかもしれませんが、人生に一度でもこのようなパワフルな映画を観ておくのも楽しいですよ!

古き良きアメリカの活気溢れるブラックミュージックに酔いしれましょう。

総合評価

4.0点 / 5.0点

最後までお読み頂きありがとうございました。




-洋画, 音楽

Copyright© 動画のススメ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.