アクション 洋画

シュワちゃんのガンアクションが最高!映画『ラストスタンド』のネタバレと評価!

更新日:

今回はアーノルドシュワルツェネッガー主演の『ラストスタンド』の評価を行います。

本作はシュワちゃんの久々の主演作ということで、こちらもボルテージマックスで鑑賞したいと思います。

では早速評価を開始します。

なお、本記事はネタバレを含んでおりますのでご注意ください。




 

あらすじ・作品情報

ラストスタンド

極悪犯コルテスを極秘で護送する車が、彼の仲間たちに襲撃される事件が発生。

時速400キロメートルという圧倒的スピードとパワーを誇る車を駆り、コルテスらはメキシコ国境へ向けて爆走する。

FBIはパトカーやヘリコプターを駆使し総力を挙げてコルテスを足止めしようとするが、最新鋭の銃火器を備えた彼らに太刀打ちできず、追跡隊は壊滅状態。

コルテスたちの進路となっている小さな田舎町で保安官を務めるオーウェンズ(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、町にある武器をかき集め、住人らと共に迎撃の準備を整える。

引用元:Yahoo!映画

映画『ラストスタンド』はR15指定の作品となっています。

 

『ラストスタンド』の予告編

 

『ラストスタンド』の良かったところ

シュワちゃんの最強ガンアクション

シュワちゃんの映画に求めるものはみんな同じはず!

本作品でも、ビルドアップされた体を惜しみなく使ったガンアクションが楽しめます。

「鬼に金棒」ならぬ「シュワちゃんにガトリングガン(語呂悪すぎ)」。笑

 

とにかく、ありとあらゆる弾丸をぶっ放してくれます。

近代的なレーザーなどの武器ではなく、ピストルやショットガンのような重厚感のあるガンアクション満載で爽快感MAXです。

さすが観る人の期待を分かっていますね。

 

とある勇者
シュワちゃんファンにはたまらない作品!
肉体美・アクションが存分に取り込まれた映画だね。
はらちゃん

 

元麻薬捜査官という切れ者

本作品でシュワちゃんが演じるのは、かつてロサンゼルスで麻薬捜査官として第一線で活躍しながらも、現在はソマートンというメキシコ国境近くの小さな町で保安官をしているレイ。

 

元切れ者だったという設定がすごく活きていて、片田舎で平和な街にいながらも犯罪の匂いには超敏感で、彼の冴え渡る勘と腕っぷしで、この街に起こる一大危機を救います・・・。

いや、冷静に突っ込んでしまうと、レイがわざわざこの街で住民を巻き込んでまで敵と戦う必要なんてなかったのですが・・・。笑

それでも「犯罪者に黙って俺の街を通させない」とカッコよく決めてくれるので、それだけでお腹いっぱいな気分になれます。

 

とある勇者
映画の舞台にもマッチしてるところがまた良い!
もはやシュワちゃんに合わないものはない!笑
はらちゃん

 

たった5人で挑む麻薬組織との戦い

この映画でシュワちゃんと敵対するのは一大麻薬組織。

彼らは私設の軍隊まで保持していてFBIや警察も全くなす術がありません。

次々と警察の包囲網をくぐり抜けメキシコ国境まで一直線で向かう犯罪武装集団を、シュワちゃんは自分含めたった5人の保安官で迎え撃つというのです。

 

こんなの絶対勝てない!!と普通は思うのですが、経験豊富なシュワちゃんの作戦と指揮により、あの手この手で立ち向かう姿がこの映画の一番の見どころです。

 

ここでも冷静にツッコミしてしまうと、レイの作戦は大したものではなく、ほとんど真っ向勝負の銃撃戦なのですが・・・。笑

 

でもそれでいいんです!!

 

シュワちゃんには小賢しい作戦は必要ありません。

 

竹を割ったような無策!!

 

5対多数でも正面からぶつかる男気にハートが燃え上がります。

 

あまりにも無能なFBI

この映画で起こるさまざまな出来事は、シュワちゃん演じるレイを引き立てるためだけに存在していると言っても過言ではありません。

犯罪集団を追いかけるFBIがそのいい例です。

FBIは劇中冒頭から麻薬組織のリーダーであるコルテスを取り逃がしてしまい、そこからはまるでドミノ倒しのようにありとあらゆる策が破られてしまいます。

もう本当に見ていて天晴れなほど敵の術中にハマり続け、常に半泣きな表情を浮かべているバニスター捜査官が情けなさ満点でいい味を出しています。

これだけ敵に逃げられまくっていると彼らは全く仕事をしていないように思えますが、いいんです!

 

彼らはレイの活躍を引き立てるために立派な仕事をしてくれたのですから!!

 

とある勇者
彼らがことごとく失敗してくれるおかげで、レイが全てまとめて尻拭いをしてくれているね。
その引き立て役を買ってくれたFBIの活躍も見所だね!
はらちゃん

 

どこまでも穏やかなソマートンの人々

この物語の舞台はメキシコ国境付近のソマートンという街。

この街は時代に取り残されたかのようなレトロな街並みです。

都会から離れているだけあって住民もみんなのどかでマイペースなんです。

 

銃撃戦が始まることを住民に知らせるため、レストランに入るレイ。

 

「危険だからすぐ家に帰ってくれ」と指示を出します。

 

住民の反応は・・・。

まさかの無反応!!!!

どんだけ危機感ないんだよ・・・。笑

終いには、朝食を頼んでしまったから帰らないと言う始末。笑

 

みんなマイペースですが、味がありこのソマートンにみなぎる魅力を持たせています。

現実では考えられないですが・・・。

 

言葉通りの『ラストスタンド』なクライマックス

ラストスタンドとは“最後の砦”という意味らしいです。

その意味通り、レイはFBIが止められなかった武装集団のリーダー・コルテスをメキシコ国境寸前でたった1人迎え撃ちます。

トウモロコシ畑の荒道をカーチェイスで追い詰め、大破した車を降りたコルテスの前にどっしりとあの男が待っています。

 

この最後に立ち塞がる姿がカッコ良すぎるんです!!

最後の最後で国境をかける橋のど真ん中で仁王立ちするレイは、あまりに古典的ではありますが、それでも王道ながら最高にカッコいいです。

それまで散々銃撃戦をしながらも、銃だと一撃で勝負が決まってしまうのを分かっているのでしょう。

2人はこれまた王道すぎる肉弾戦で決着をつけようとしてくれるのです。

ここまでどストレートなアクション映画は最近なかなか見られませんよ!?

 

『ラストスタンド』の惜しいところ

敵役に魅力が乏しい

本作品でシュワちゃんの敵として対峙するのは麻薬組織リーダーのコルテス。

彼はラスベガスの麻薬王でありながら、匿名で運転レースに参加するほどのレーシング好き。

その運転好きな性格も相まって、劇中コルテスはひたすらスーパーカーで逃走し続けます。

このコルテスは自分の好きな車と好きな逃走方法でずっと逃げ続けるわけですが、ただ子供のように身勝手に走っているだけで、あまり悪の美学やポリシーを感じられず、あれほど大掛かりな私兵団を組織できる器には到底見えませんでした。

なので、最後にレイとタイマンで対峙しても見る前から「どうみたってレイに敵いっこない」というのは明白であり、そういった意味でラストシーンは盛り上がりに欠けました。

と言っても、シュワちゃんの筋肉は老いても健在なので、彼と並ぶと圧倒的に見劣りしてしまうのは仕方ありませんね・・・。

 

とある勇者
案の定すぐにボコボコにされてしまったね。
もう少し悪のカリスマ性や肉弾戦の強さなどを発揮して欲しかったところだね。
はらちゃん

 

若手警部にシュワちゃんの活躍を見せてあげたかった

本作品では、退屈な地方の保安官の職に辟易とした副保安官のベイリーという若者がいます。

彼はもっと刺激的でデカイ仕事がしたいとレイに相談をしてみます。

そんな野心溢れるベイリーですか、彼は物語中盤の銃撃戦で命を落としてしまいます。

 

このシーンが個人的には非常に残念でした。

序盤からレイがかつてロスにいたという話や、ベイリーはもっと学ばなければいけないことがあるといった伏線が張られていたのにも関わらず、結局あっさり中盤で死んでしまったことで、彼がこれから成長していく姿を見られなくなってしまいました。

終盤でレイの活躍を補佐し刺激を受けることで、彼がこの先立派な保安官の役を引き継いでいくのにふさわしい人物になれただけに、すごく勿体無い扱いだと思いました。

 

『ラストスタンド』はこんな人にオススメ

『ラストスタンド』は下記のような人にオススメできる映画です。

こんな人にオススメ

  • ガンアクションが好きな人
  • なにも考えずにアクションを楽しみたい人
  • 分かりやすい勧善懲悪が好きな人
  • シュワちゃんの無双劇が見たい人
  • 車が好きな人
  • トウモロコシが好きな人

80年代を彷彿とさせるような王道すぎるアクション映画。

筋肉と火薬にモノを言わせてなんでも解決していくスタイル。

難しいことを考えず、ただ主人公がカッコよく敵を蹴散らす様を見たいという人にオススメです。

 

『ラストスタンド』の口コミ

もちろん車に特化した作品には劣りますが、やはりカーチェイスのシーンは緊迫しますね。
はらちゃん

 

シュワちゃんの強さ、演技力の高さを再認識させる作品ですね!
はらちゃん

 

戦闘シーンは本当に目をくぎ付けにします!2時間弱の作品ですが、時間もあっという間に過ぎましたね!
はらちゃん



 

『ラストスタンド』を視聴できるVOD

『ラストスタンド』が見放題対象となっているオススメVOD(ビデオ・オン・デマンド)は、下記の通りです。

オススメVOD

  • Amazonプライム・ビデオ
  • U-NEXT

 

Amazonプライム・ビデオ

Amazonプライム・ビデオ

Amazonプライム・ビデオは月額400円と非常に安価で、多くの映画やドラマ、アニメなどを視聴することができます。

※2019年2月時点の情報です。

また、30日のお試し無料期間が付いているので、まずは無料体験から始めてみましょう!

Amazonプライム・ビデオのお試し無料申し込みはこちら

 

U-NEXT

U-NEXT

U-NEXTの月額料金は少し高いですが、毎月1,200ポイントが付与され、さらに最新作品を他のVODよりいち早く視聴することができます。

※2019年2月時点の情報です。

こちらも、31日のお試し無料期間が付いているので、ぜひ体験してみてください。

U-NEXTのお試し無料申し込みはこちら

 

『ラストスタンド』のまとめ

映画『ラストスタンド』について、ご紹介しました。

久々に分かりやすく燃え上がるアクション映画を観た感じを受けました。

ここまで割り切って主人公を引き立てようとする姿勢が心地良いですね。

シュワちゃんも流石に老いたのか動きがかなり鈍くはなっていますが、それでも筋肉モリモリで銃器を構える姿は不思議な安心感を与えてくれます。

この映画を観て正義感溢れるカタブツのシュワルツェネッガーに再び惚れること間違いなしでしょう!

総合評価

4.0点 / 5.0点

最後までお読み頂きありがとうございました。




 

-アクション, 洋画

Copyright© 動画のススメ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.