ファンタジー 洋画

タイムスリップしたくなる映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のレビュー!

更新日:

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』は言わずと知れたB級映画の傑作であり、映画を愛する多くの人がこの作品をベストに推していますよね。

私にとってもこの映画は文句無しに最高ですし、子供の頃はそれこそ親が呆れるくらい観ていたので思い入れがとっても強い映画です。

しかし、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』はなぜこれほど多くの人に愛され、今なお映画レビューサイトなどでダントツの人気を博しているのでしょうか?

今回は改めて『バック・トゥ・ザ・フューチャー』が面白いと思う理由などレビューしてみたいと思います。




 

あらすじ・作品情報

バック・トゥ・ザ・フューチャー

1985年。

友人の科学者ドク(クリストファー・ロイド)と知り合った高校生マーティ(マイケル・J・フォックス)は、彼が愛車デロリアンをベースに開発したタイムマシンを見せられる。

試運転を始めようとしたところに、ドクに恨みを持つテロ集団が襲い掛かる。

銃弾を浴びて倒れる彼を見たマーティはデロリアンで逃げ出し、そのまま1955年にタイムスリップ。

デロリアンの燃料切れで1985年に戻れなくなったマーティはその時代に生きるドクに助けを求めて帰ろうとするが、まだ高校生である母親にほれられてしまう。

引用元:Yahoo!JAPAN 映画

はらちゃん
『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の公開は、なんと1985年なんですよ!
30年以上前の作品なんだね!それでもこの人気っぷりは本当にすごいね!!
とある勇者

 

 

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の面白かった点

遊び心いっぱいの“ごちそう映画”

はらちゃん
本作の素晴らしいところは何ですか?
本作の素晴らしいところ・・・。うーん、語りきれない!!
とある勇者

シンプルなストーリーと分かりやすいキャラクター達。

単純な笑い要素やちょっぴり感動するシーンもあるけれど、何度見ても飽きさせない理由は・・・。

やはり映画にたくさん散りばめられた遊び心!

 

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』は、冒頭のシーンから目が離せません!

開始早々時計が並ぶシーンでのいきなりのネタバレからドクの部屋の奇想天外な発明品の数々、テロリストに襲撃された時に折ってしまった松の木、初の黒人大統領の予言、名曲「ジョニー・B.グッド」の知られざる制作秘話?などなど、映画の本筋とは関係ない小ネタが満載に詰め込まれています。

各シーンで映る部屋の小物や看板など、もしかしたらまだこの映画のマニア達にも見つかっていないギミックがたくさんあるかもしれない!

と、思わせるくらい画面いっぱいに遊び心が散りばめられていて何度観ても新しい発見があります。

 

自分は日本で生まれ育ったからわからないけれど、多分英語圏の人からしたらセリフや言い回しにもウィットに富んだ面白い表現があるんだろうなぁ・・・。

もしかしたら舞台が1955年になった時、その当時の英語のアクセントや流行語なんてのも再現されていたのかもしれませんね。適当(笑)

ともかくそういった様々な発見をしたくなるほど、この映画はまるでごちそうのように画面いっぱいに監督の遊び心が満ち溢れています。

シンプルなストーリーなのに何度見ても新しい発見があるというのはまさしく傑作の証拠でしょうね。

 

日本語吹き替え版もオススメ!

とある勇者
吹替え版の映画ってなんか毛嫌いしてしまうんだよね~。
たしかに映画好きの方の中には、吹き替えされた映画を嫌う人達もいますよね。
はらちゃん

やはり、そのアクターが作り出すイメージが吹き替えによって崩れてしまうのではないかという不安はよくわかります。

 

しかし、この作品は吹き替え版も超オススメ!

慌てん坊でそそっかしく、大げさすぎるほどの顔とセリフが雨あられとドクから放たれます。

それに対して、負けじと相手の手を入れるマーティーの掛け合いは、映画を観ていて非常に心地よいテンポを生み出しています。

マーティーを担当される声優さんは大抵少し声が高めなんですよね。

それがマーティーのちょこまかと所狭しく動くキャラクターと非常にマッチしています。

私は子供の頃TVのロードショーで何度も吹き替え版を見ていたので、後に字幕版を見てマーティー役のマイケルJフォックスの声の低さに少し違和感を感じました(笑)

 

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の名シーン

ジョージ・マクフライの運命的なKO劇

はらちゃん
本作品屈指の名シーンの一つです!

物語の中盤はひたすらマーティーの両親をくっつけるためのドタバタ劇。

いつも気弱でいじめられっ子のジョージと、数奇なことにマーティーに恋しちゃった母であるロレインをくっつけるために東奔西走するマーティー。

2人がくっつかないことには自分も産まれなくなってしまうということで、マーティーはあの手この手でジョージを励ましロレインと結ばせようとします。

何度も失敗を重ねますが、最後のダンスパーティーで自分が悪者になってジョージに華を持たせようと奮起します。

しかし、またもトラブルによりジョージはいじめっ子の大元であるビフと対峙することになってしまいます。

これはヤバイ!とマーティーもその場に駆けつけますが、そこはやはりマーティーの父親になるジョージ。

傷つけられたロレインを見て覚醒しビフをKOしてしまいます。

そして2人は晴れてダンスパーティーにて唇を重ね、マーティーも安心して未来へ帰ることができるのです。

 

このシーンはベタといえばベタですし、そもそもあれだけ気弱だったジョージが、なぜいきなりテンション切り替えられるのかとかツッコミどころも満載ですが・・・。笑

劇中数少ないホロリとできるシーンなので良しとしましょう!!

自分だったら車を開けた途端にビフがいて「さっさとうせろ!」って言われたらススーっと何事もなかったかのようにドアを閉めて逃げますけどね(笑)

 

命を救った一枚の手紙

1955年に戻ったマーティーは、テロリストによって殺されてしまったドクを助けるために何度も、過去のドクに1985年の悲劇を伝えようとします。

たとえ自分の身に降りかかる災難とはいえ、未来のことを知りそれを変えてしまうことを嫌がるドクは全く聞こうとしてくれません。

マーティーは事あるごとにドクにそれを伝えようとしますが全て遮られてしまい、結局マーティーは一枚の手紙にドクが射殺される未来を書き残す決意をします。

しかし、あと一歩というところでドクはその手紙に気づいて破り捨ててしまいます。(今見るとあまりに唐突にポケットに手を入れるドクの勘の良さ!)

 

結局、マーティーは1985年に戻る時間を少しだけ早めることでドクの命を救おうと咄嗟に決断します。

しかし、やはり未来は変えられないのか、これもあと一歩及ばずドクはテロリストに撃たれてしまいます。

 

2度もドクを救えず、未来を変えられなかったマーティーは絶望し肩を落としますが、その後ろで撃たれたはずのドクがムクッと起き上がります。

「どうして?」ドクは自分が射殺される未来を知っていたのでしょうか?

その答えはドクの内ポケットから現れたボロボロの手紙にありました。

ドクは30年前に破ったはずのマーティーからの手紙を持っていたんですね。

あれだけ自分の未来を変えることを嫌がっていたはずのドクですが、やっぱり気になってテープで補正してちゃっかり見ていたんですね。

その無事に助かったドクのケロッとした表情と、ドクが生きていたことを喜んでいるマーティーの抱き合うシーンがどうにもたまらなく好きなんですね。

 

これもつっこんでしまえば、「マーティーもそんなギリギリじゃなくてもっと余裕をもって1日前とかに帰ればいいのに」とかありますけどね(笑)

しかし、雷が落ちる直前のマーティーにはそんなこと考える余裕がなかったんです!!

そういうことにしておきましょう!

 

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の改善点ってある?

既にお話した通り、この映画は私にとっての最高傑作なのですが、改善点や不満だった点を探してみたいと思います。

幼少期から愛している映画ですが、もしかしたらこの機会に何か新たな発見があるかも・・・。

とある勇者
むー・・・。
とある勇者
むむむー・・・。(3分くらい)
とある勇者
・・・。(さらに5分)
とある勇者
ごめんなさい。本当に思いつきません。涙

この作品は自分が幼い頃にTVで観て、初めて映画にのめり込み、セリフを丸暗記してしまうほど何度も観た映画なのでここが私の映画好きの原点になっているんですよね。

多分、思い出補正がかなりあるかもしれません。笑

もしかしたら、現代の若い方々がこの映画を見たら、古臭くてたるい映画なのかもしれませんね。

勧善懲悪のような分かりやすすぎるキャラクターの変化ぶりに虫酸が走る人もいるかもしれません。

しかし、私にとってはまるで『ドラえもん』を観ているような安心感満載の傑作映画です。

 

全体的な感想

やはり、何度観ても大満足してしまう傑作だと思います。

たしかに、あまりにシンプルすぎるストーリーにキャラクター達ですが、そこにつっこむのも野暮というもの。

だって、この作品はコメディ要素もふんだんに含まれたB級映画なのですから!

あまり小難しく考えず、たまにTVでやっているのを観て笑ってホロリと感動して、「あ、また観ちゃったな」となるような素晴らしいスルメ映画だと思います。




 

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を視聴できるVOD

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』が見放題対象となっているオススメVOD(ビデオ・オン・デマンド)は、下記の通りです。

オススメVOD

  • Amazonプライム・ビデオ
  • U-NEXT

 

Amazonプライム・ビデオ

Amazonプライム・ビデオ

Amazonプライム・ビデオは月額400円と非常に安価で、多くの映画やドラマ、アニメなどを視聴することができます。

※2019年2月時点の情報です。

また、30日のお試し無料期間が付いているので、まずは無料体験から始めてみましょう!

Amazonプライム・ビデオのお試し無料申し込みはこちら

 

U-NEXT

U-NEXT

U-NEXTの月額料金は少し高いですが、毎月1,200ポイントが付与され、さらに最新作品を他のVODよりいち早く視聴することができます。

※2019年2月時点の情報です。

こちらも、31日のお試し無料期間が付いているので、ぜひ体験してみてください。

U-NEXTのお試し無料申し込みはこちら

 

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のまとめ

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のレビューを書いてきました。

映画好きで観ていない人はいないとまで言われる本作品!

最近の若い方達は、もしかしたらその存在自体知らないかもしれませんね。

しかし、この話題に触れられると一気に社会に出て上司やお偉いさんとの会話に役立つかもしれませんよ!!笑

難しいこと考えずに、見る映画に迷ったときや楽しみたい時に、オススメのB級映画の金字塔です!

ぜひご覧ください!

最後までお読み頂きありがとうございました。




 

-ファンタジー, 洋画

Copyright© 動画のススメ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.