アイキャッチ画像

アクション 洋画

IMFが解体?映画『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』のネタバレと評価!

更新日:

今回は“M:I”シリーズ第5弾、『ローグ・ネイション』のレビューを行います。

本作では、長年イーサンが所属していたIMFがついに解体されてしまうということで、引き続きシリアス路線で話が進んで行きます。

イーサンを演じるトム・クルーズはこの時なんと53歳!!

年齢を重ねてもなお挑み続ける壮絶なアクションと、繰り広げられる不可能に近いミッションに大注目です。

本作も期待してレビューしましょう!!




 

あらすじ・作品情報

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション

正体不明の多国籍スパイ集団“シンジケート”をひそかに追っていたIMFエージェントのイーサン・ハント(トム・クルーズ)は、ロンドンで敵の手中に落ちてしまう。

拘束された彼が意識を取り戻すと、目の前に見知らぬ女性と、3年前に亡くなったはずのエージェントがいた。

拷問が開始されようとしたとき、その女性は思わぬ行動に出る。

引用元:Yahoo!映画

 

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』の予告編

 

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』の良かったところ

IMFがまさかの解体・・・

本作では主人公であるイーサンが、長年所属してきたIMFがついに解体されてしまいます。

前作ではIMFからの援助を一切受けられないというピンチがありましたが、本作ではその母体自体が無くなってしまいます。

 

謎の犯罪組織集団“シンジケート”を追うイーサンですが、流石に一人で一大組織に対抗するのは無理というもの。

その時イーサンを助けに現れた仲間は、シリーズを通してサポートキャラとして活躍したルーサー、ベンジー、ブラントでした。

IMFが解体されながらも、CIAから逃げつつシンジケートを追いつめ、イーサンは持てる力の全てを費やします。

 

心強い仲間の協力を得てイーサンは、ラストシーンで高らかに宣言します。

「我々はIMFだ」

めちゃくちゃ痺れますね!

自身を含めたった4人しかいないメンバーですが、暗闇の中敵を囲んで言い放つセリフが最高にカッコいいです。

まるで音楽PVを見ているかのようなスタイリッシュな構図で、「IMFは解体されても俺たちがいるぞ!」とアピールする姿はわかりやすくカッコ良かったですね。

 

安定感抜群のチームワーク

本作ではシリーズ常連であるルーサーにベンジーとブラントという、おっさんばっかりのチームが活躍します。

これまでのシリーズでは、即席の美女キャラがいたり毎度新しいチームが登場していましたが、本作では古参の仲間たちと組むということで、観ていて安定感抜群でした。

仲間の裏切りがよくあるのですが、これだけ信用できる仲間だとそんな心配は全くなく、全員がイーサンの活躍のために尽力してくれます。

 

特にルーサーは最古参なだけあって、“ダチ”と呼ぶイーサンに対する信用が半端じゃないです。

いつの間に、そんなに全てを捧げていたのか定かではありませんが、イーサンのやることなすこと全てを信じ切って委ねています。

 

また、本作ではベンジーがかなり活躍します。

孤立無援となったイーサンのために単身でウィーンへ飛び、オペラハウスでもイーサンの力になろうと無茶な作戦に応じてくれます。

最終的には美女でなく彼が人質に取られてしまいますが、そのおかげでベンジーを大切な仲間だと思うイーサンの男っぷりを見ることができます。

 

ブラントは元分析官ということで、CIAとの板挟みにあい難しい立場ながらも、可能な限りイーサンに協力しようとしてくれます。

彼はサポートだけでなく、自身もかなり強いので、彼がいてくれると安心感が増します。

他のメンバーと違って、イーサンにベッタリではないという観点もいいですね。

全員がイーサンに服従していたらつまらないですから!

 

とある勇者
古参のチームに割り切って作られたストーリーということで、チームメンバーの魅力的というよりかは、チームの絆に視点が置かれた気がするね!
おかげで、これまでシリーズになかった友情という視点で映画を楽しむことができました!
はらちゃん

 

謎の美女イルサ

本作で登場する女性キャラクターであるイルサが非常に魅力的です。

これまでのシリーズだと、何がしか女性キャラクターはトムと絡むセクシーなシーンが多少出てきます。

しかし、本作ではそう言った過度なお色気路線を一切排除したことで、作品全体により現実的な世界観が充満しました。

 

イルサはシンジケートに潜入するスパイであるとともに、自国のために仕事をするというプライドも持っています。

時にイーサンと敵対しながらも命を助けてくれるなど、謎の多い美女として活躍しました。

彼女の筋肉も素晴らしく、のっけから格闘戦を披露したりバイクチェイスシーンまで幅広くアクションをこなします。

最後にはナイフでのタイマン勝負で決着という、どこまでも肉体派で最強なエージェントでした。

無意味なセクシー路線を排除したことで彼女のリアリティが増したと思います。

 

迫力のアクションシーン

本作でもさまざまなロケーションでアクションを繰り広げます。

個人的に印象に残っているのは、オペラハウスでの格闘シーン。

名曲「トゥーランドット」が流れる荘厳な雰囲気の中で、人知れず戦うイーサンがカッコいいです。

 

その他街中を車で走り抜けるシーンなどもありますが、一番すごいなと思ったのはバイクチェイスシーン。

どこまでがCGなのかは分かりませんが、疾走感が凄まじく、トム・クルーズ本人のフォームも相まってバッチリと決まっています。

 

とある勇者
でも流石にこのスピードで、ノーヘルで撮影ってことはないですよね?笑
本物のスタントかどうかは別にして、ともかくも素晴らしく緊張感のあるチェイスシーンでした。
はらちゃん

 

今回の潜入は水の中!

シリーズを通しておなじみのインポッシブルな潜入シーン。

本作では水の中へイーサンが潜りこみます。

機械などがあるとセンサーに引っかかってしまうということで、イーサンは素潜りで水中ミッションを行うことになります。

 

とある勇者
実際にトム自身が長い時間潜水状態で撮影したということで、その緊張感は観ているこちら側にも十分に伝わってくるね!
というか、観ているだけで私も息苦しくなってました。笑
はらちゃん

 

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』の惜しいところ

全体的に迫力不足でマンネリが・・・

本作は『M:I3』から続くストーリー内容であり、シリアス路線も引き続き受け継いでいます。

しかし、トム自身が年齢を重ねたせいか、全体的に落ち着いた雰囲気があり、映画を観終わって特に印象に残っているシーンがありません。

毎度の潜入シーンも本作ではどこか物足りない印象ですし、古参のメンバーが揃う本作は既視感があり、何か新しさに欠ける気がしました。

これだけ毎回活躍してるのに、「全く組織から信頼されないイーサン」「イーサンの暗躍により問題解決」「組織の手のひら返し」。

このパターンがあまりに定着化しすぎて、緊張感に欠ける気がしました。

 

とある勇者
トムが年齢を重ねたら重ねたで、違うテイストに切り替えていくのも面白かったかもね。
よりストーリーやドラマ、心理戦に特化することで映画が面白くなることもあるしね。
はらちゃん
とある勇者
これを機に、もっとアクションではなくサスペンス要素を増したスパイ映画にするのもありだったかもね。

 

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』はこんな人にオススメ

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』は下記のような人にオススメできる映画です!

こんな人にオススメ

  • M:Iシリーズが好きな人
  • 老いても活躍するトム・クルーズが見たい人
  • IMFの選抜チームが好きな人
  • 筋肉質な美女を見たい人
  • シリアス路線のシリーズが好きな人
  • 素潜りが好きな人
  • 疾走感のあるバイクシーンが見たい人

 

本作はIMF自体が解体されてしまうということで、イーサンとその数少ない仲間たちが活躍するストーリーです。

物語に絡んでくる謎の諜報員であるイルサが大変魅力的です。

アクションシーンもしっかりあるのでM:Iシリーズが好きな人は楽しめることでしょう。

 

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』の口コミ

バイクチェイスシーンは緊迫感があり、観ていて爽快でもあります。
はらちゃん

 

好みの人は多いかもしれませんね。笑
はらちゃん

 

あるあるですね(笑)どこまで実際に息を止めているかわかりませんが、さすがトム・クルーズといったところです!
はらちゃん

 

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』を視聴できるVOD

Amazonプライム・ビデオ

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』が見放題対象となっているオススメVOD(ビデオ・オン・デマンド)は、Amazonプライム・ビデオです。

月額400円と非常に安価で、多くの映画やドラマ、アニメなどを視聴することができます。

※2019年2月時点の情報です。

 

また、30日のお試し無料期間が付いているので、まずは無料体験から始めてみましょう!

Amazonプライム・ビデオのお試し無料申し込みはこちら

 

『ミッション:インポッシブル』シリーズのご紹介

映画『ミッション:インポッシブル』はシリーズ化されており、全6作からなっています。

  • ミッション:インポッシブル
  • ミッション:インポッシブル2
  • ミッション:インポッシブル3
  • ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル
  • ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション
  • ミッション:インポッシブル/フォール・アウト

他の作品もレビューしていますので、是非ご覧になってみてくださいね。

第1作目

アイキャッチ画像
正統派スパイ映画!映画『ミッション:インポッシブル』のネタバレと評価!

今回はスパイアクション超大作『ミッション:インポッシブル』のレビューを行います。 世界中で一大センセーショナルを巻き起こしたトム・クルーズ主演のミッション:インポッシブルシリーズ。 今回は記念すべき第 ...

続きを見る

第2作目

アイキャッチ画像
前作と異なるテイスト!『ミッション:インポッシブル2』のネタバレと評価!

今回は『ミッション:インポッシブル2』のレビューを行います。 香港アクション映画界の巨匠ジョン・ウーが監督ということで、前回とはテイストがガラリと変わっています。 また本作はその年の興行収入ランキング ...

続きを見る

第3作目

アイキャッチ画像
迫力の潜入シーン!『ミッション:インポッシブル3』のネタバレと評価!

今回は大人気シリーズの第三弾『ミッション:インポッシブル3』のレビューを行います。 監督に『アルマゲドン』の脚本を手がけたJ・J・エイブラムスを迎えての意欲作です。 本作でのイーサンはIMFでの仕事を ...

続きを見る

第4作目

アイキャッチ画像
ブルジュ・ハリファへ潜入!『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』のネタバレと評価!

今回は『ミッション・インポッシブル ゴースト・プロトコル』のレビューを行います。 M:Iシリーズの第4作目となる本作でも、再びトム・クルーズ演じるイーサン・ハントがミッション不可能と呼ばれるプロジェク ...

続きを見る

 




 

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』のまとめ

映画『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』についてご紹介しました。

M:Iシリーズも第5作目ということでかなり安定感が増してきました。

本作ではトム・クルーズ自身が老いてきたせいか、今までにないイーサンの限界を感じるシーンも多くみられました。

こうして見てると、やはりイーサンもスーパーマンではなく1人の人間だと言うことですね。

しかし、これはこれで新しい切り口に繋がると思うので、是非体力だけではなく知力・策略を尽くしたイーサンを今後も見てみたいですね。

とにかくチームワークのありがたみを感じるということで、シリーズを通して観ている人にとってはサービス精神のある映画でした。

総合評価

3.0点 / 5.0点

最後までお読み頂きありがとうございました。




-アクション, 洋画
-,

Copyright© 動画のススメ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.